飛べ オタク族

日本国外においてのオタク活動。探訪・イベント参加など。 そして諸外国での活動の報告用記事も含む。


コミケC95告知

「PFIきかく處」C95 土曜(1日目):東1J-22b で参加します
   委託は月曜(3日目)西く14a ゆるふわダイビング部さまに依頼しております。
新刊は「あくせすがいど 宇宙よりも遠い場所 ~海外探訪~」です。
既刊は「プラスティックメモリーズ 舞台探訪 シンガポールの旅」です。

C95-おしながきA4-よこ-赤字2


この度は、表紙絵をヴェトロさんに提供していただきました。

表紙は「宇宙よりも遠い場所」で出てきたフリーマントル灯台です。
あの「南極への玄関口」のオーストラリア フリーマントルです。
フリーマントル市街地を、一日かけてめぐってきた様子の、写真での紹介です。
そしてもうひとつの訪問先、シンガポールの聖地を紹介しています。
フリーマントル・シンガポールへ行く予定が無くても、写真の豊富なオールカラー本なので十分楽しめます。

あとは海外でも怖くない、聖地へのアクセス、海外でのスマホ利用法、SIMカードの購入等も詳しく。
Openstreetmapでの聖地紹介。また 聖地へのGoogleMAPへのQRコード付き。

よりもい(宇宙よりも遠い場所)第六話で出てきたシンガポールの背景、最後の記事は4人が泊まった「オーチャードホテル、シンガポール」です。
名前の通り、オーチャード通りにあるのですが、繁華街のオーチャード駅からは徒歩で15分ぐらい離れていて、少し静かな場所に位置します。

作中で出てきた順番とは前後しますが、概観から順に紹介していきます。
Yori HO-15 5526
概観です。十数階あるそこそこ高いホテルです。このあたりには数多くのホテルが並んでいます。

入口の看板。
Yori HO-14 5538

ここから室内の様子です。一応キャプのコピーを見せて「日本のアニメでここのホテルの3Fが登場したのだけど、可能なら似た部屋にしてもらえないだろうか」といったのですが、「基本構造は何処の部屋でも同じだよ」といわれ、お任せで10階になってしまいました(疲れていたのもあり粘り強くは交渉しなかった)。

10階でも特に構造は変わりなかったのですが、部屋の左右は運悪く逆の部屋になってしまいました。チェックインがもう夕方6時を過ぎていたため、部屋の変更を申し出ることなく室内に入ったため一部の写真は比較の上で反転しております。

ベッド1(反転アリ)
Yori HO-01_R_5248
ほぼ一致していますね。

ベッド2(反転アリ)
Yori HO-02_R_5276
これも一致度高し。

ベッド・TV(反転アリ)
Yori HO-03_R_5287
写真の角度にずれはあるが一致度高そうですね。

ドア それほど一致度高くなかったです。
Yori HO-04 5245

ベッドとデスク(反転アリ) 後ろの絵画はなかったです。
Yori HO-12_R_5299

バスルーム(反転アリ) なかなか似ています。
Yori HO-11_R_5292


ドア側から寝室を眺めて。(反転アリ) 一致度高し。
Yori HO-13_R_5287


------------------------------
廊下です。
Yori HO-05 5492


Yori HO-06 5498

なんとなく参考にしたようですが、天井を中心に細部はかなり異なるようです。

以上をもって、よりもい舞台探訪 シンガポールシリーズは終了です。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は【©2018 「宇宙よりも遠い場所」製作委員会 /マッドハウス】にすべて帰属しますのでご注意ください。

よりもい(宇宙よりも遠い場所)第六話で出てきたシンガポールの背景です。
前回の記事では入国⇒ホテルに着くまでに訪問した場所をメインに取り上げました。
次は、ホテルを出て市内観光(トランジット(?)なのでベイエリアのみ)をした時に出てきた背景をとりあげます。2018年6月に訪問しました。

まずは昼間に訪れたマーライオン公園、MRTの最寄駅はRaffles Place駅です。
Yori MBS03-5700

Yori MBS04-5730

Yori MBS02-5743

とにかくすごい人、すごい人。なかなか思った角度で写真が撮れません。

Yori MBS05-5751

これももう少し後ろからなんですが、後ろに下がると人が必ず入り込んで。。。
きれいな写真を撮るなら早朝探訪しかなさそうです。

このマーライオン公園から眺めたMarina Bay Sandsです。特徴的な建物で、3つのビルの上に空中庭園が架橋の様にかかる構造をしています。こういう建築物も、地震が起きない地域だから建造できるのかな?
この建物の上には夜間の部で登ります(下記参照)
Yori MBS01-5777

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――-
夜、Marina Bay Sandsにやってきました。ビルになったホテル部分と、地上すぐにあるショッピングセンター、そしてカジノから構成されます。周辺にはコンベンションセンターなど複合施設になっています。
Marina Bay Sands前の噴水とそのイルミネーション。毎日時間を決めてライトアップされます。
Yori MBS11-5425

ショッピングモールの建物を横から見たところ。
Yori MBS12-5463

Yori MBS13-5848
ホテル部分と屋上の展望台。近くから見上げたところですが、本当に独特の形をしています。

橋を渡り、少し離れたところからMarina Bay Sandsを眺めたところ。
コンベンションセンターも写り込んでいます。
Yori MBS17-5860

――――――――――――――――――――――--------------―――――――――――――――
展望台の上に登ったところです。待ち時間は30分ぐらい、値段は結構高かったです。
写真、風がきついのと、ココもかなりの人がいたのでなかなか角度あわせが難しかったです。
それに怖さも相まって(笑)
Yori MBS15-5392

Yori MBS16-5346

でも外洋側を見た時、本当に美しかったです。「海の交差点」うまく表現した言葉で世界各国の船が多数行きかっていました。
作中では夜の風景ばかりでてきますが、一番美しいのは夕暮れから夜にかけて、とか。
私は他の所に少し寄っていたので夕暮れには少し遅れてしまいました(昼間は年中暑いし、チョットつまらないらしいです)。次行ったときには夕暮れに間に合う時に行きたいな。

ベタなベイエリアの背景でしたが、こういうところの探訪も探訪ついでに観光も楽しめて、時にはいいものです。6月の訪問は現地実質1泊2日だったので、今度はもう少しゆっくりしたいものです。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は【©2018 「宇宙よりも遠い場所」製作委員会 /マッドハウス】にすべて帰属しますのでご注意ください。



↑このページのトップヘ