飛べ オタク族

日本国外においてのオタク活動。探訪・イベント参加など。 そして諸外国での活動の報告用記事も含む。

よりもい(宇宙よりも遠い場所)第六話で出てきたシンガポールの背景です。
主に2018年6月に回り、空港のカットだけは9月、フリーマントルの帰りに回収しました。

Yori SIN01-7166

空港のフライト掲示板。作中では到着時の筈なんですが、何故か到着ロビーではなく第二ターミナル出発ロビーの電光掲示板が出てきます。
この後4人は、ホテルにカバンを置きに「シンガポールの銀座」と言われるオーチャードに行きます。

MRT(日本でいう地下鉄)オーチャード駅を降りての風景。
Yori OR01-4915

ION Orchard mallの方を眺めての構図です。

Yori OR02-4969
駅から地上に出た彼女ら。

そしてあたりを見回して。
Yori OR03-4945

Yori OR04-4985

特徴的な円錐型の建物はWheelock Placeです。
Yori OR05-4927

ここからOrchard hotel Singaporeに向かいますが、
別記事⇒  で。

-------------------------------------------------------------------------------------------
パスポートを失ってから彼女らが空港で別日程のフライトチケットの予約で交渉する場面です。
Yori SIN02-7239

Yori SIN03-7192

第二ターミナル出発ロビーの様子(シンガポール航空)。作中では一番右端が青色(ビジネス)その他が緑色(エコノミー)カウンターなんですが、実際には一番右端が赤色(ファースト)その他が青色(ビジネス)になっていてエコノミーのカウンターが所定の場所にありません。
これはエコノミーが原則電子チェックイン(荷物預け入れカウンターは別の所にある筈ですが見当たりませんでした)になっている関係か、と推測されます。海外英語圏では日本よりもチェックインに際しても電子化が進んでいるところが多くみられます。

Yori SIN05-7221
角度的に合わせるのは困難でした。また天井も雰囲気は似ているものの色合いなどかなり違う様子です。

------------------------------------------------------------------------------------------
チケットの再取得等を済ませて、食事に出かけた四人。中華街(現地では「牛車水」と表記します)にあるマックスウエル フードセンターの様子です。
Yori SIN06-5222

Yori SIN07-5226

構造は似ていますが、作中とぴたりと一致するところはなかったです。
物価高のシンガポールの中でもここは比較的安く(品もそれなり)数百円の焼きそば(みたいなもの)でおなかもふくれました。市内各所にあるFood Republic(イオンモールにあるフードコートだけを切り出したような施設:庶民的な値段でエスニック料理を提供する)よりもやや安めでした。
あと2018.6現在ですが周りは建設工事の最中でかなり足元が悪く雨の時などはかなりぬかるむ(晴れているとホコリが多い)ので注意が必要です。
最寄駅はMRTのChinatown駅です。

------------------------------------------------------------------------------------------
シンガポール チャンギ空港。
シンガポールの東端にある空港、それがチャンギ空港で東南アジアトップクラスのハブ空港として大きな存在感があります。現在ターミナルは4まであります。
作中で出てきたシンガポール航空(日本との直行便はJAL,ANA、SIA3社のみですが色合いからしてSIA:シンガポール航空と考えるのが妥当)は第二ターミナル、第三ターミナルから発着しますが、本作の場合第二ターミナルの構造と類似性が高かったです。

JALは第一ターミナル、ANAは第二ターミナルから発着するので参考までに。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は【©2018 「宇宙よりも遠い場所」製作委員会 /マッドハウス】にすべて帰属しますのでご注意ください。











2018.09月よりもい(宇宙よりも遠い場所)舞台探訪でフリーマントルに行ってきました。第七話でキマリたちが飛行機を降りて、ペンギン饅頭号に乗り換える町、オーストラリアのフリーマントルです。

何故フリーマントルか、というと、フリーマントルはパースの外港として発展した街で(名所としては旧刑務所が有名)南極付近に行く捕鯨船も含め南へ行く数多くの船が停泊するためペンギン饅頭号も例外なくここで停泊し物資などを補給するので、キマリたちはここまで飛行機で到着し、先に来ていたペンギン饅頭号に乗ることで時間を稼いだ、と考えられます。(パースを札幌、フリーマントルを小樽と考えると街の性格がわかりやすいです。ともに電車で30分の距離ですし)


世界地図2018y10m07d

現在「日本(成田)=パース」という直行便はなく(20年前には存在していた)、乗継便を利用することになりますが、彼女たちはシンガポール乗継を利用しました。その他シドニー乗継、香港乗継なども存在します。

-------------------------------------------------------------------------------------------
まずは停泊しているペンギン饅頭号の様子です。 
===地図③の場所です===
所定の場所に行くと、いきなりフェンスがありました。
fence

赤い「警告」の表示を拡大してみると

warning
「警告、ここは税関管理下の区域。」
「適切な身分証明がないものは立ち入り禁止。」
とあります。したがって、少し角度はずれるが、このフェンスにレンズを通して撮影しました。
(撮影禁止とは書かれていませんでした)
こういう表示には特に海外では気をつけましょうね。

FMT02-6974

海岸沿いに船を見たところ。
===地図②の場所===

FMT04-7074

横から船を見たところ。
もちろんどちらも船は泊まっていません。

周囲の様子。===地図②の場所===
FMT05-6932


ペンギン饅頭号に乗船後、フリーマントル市場に買い出しに行きました。
===地図④の場所===

FMT06-7117

FMT07-7152

市場の中は、非常に人が多かったのと撮影許可を誰に尋ねていいのかわからないので撮影しませんでした。作中で出てくる果物屋もありましたが、「生鮮物中心の市場」ではなくフードコートのような一角(たこ焼き屋まであった)もあり、土産物や雑貨、お菓子まで買える総合マーケットでした。
平日でもPM6には閉店になるので訪問の際はご注意を。

おなかが空いたので「イタリア風の海鮮ピラフ」を頂きました。おいしかったです。

P_20180908_171317


------------------------------------------------------------------------------------------

あと、OPで登場したフリーマントル灯台も撮影しました。地図での場所は①です。

FMT01-7054

本当はもっと海側からの撮影(たぶんボートに乗って撮影したのだろう)でないと角度的に合いませんが、これ以上海側に乗り出すと冬の海に転落しそうだったので、ここであきらめました。足場も結構悪かったです。

フリーマントルの聖地地図。
Sora Yori よりもい09版権_地図

Openstreetmapを一部改変しています。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は【©2018 「宇宙よりも遠い場所」製作委員会 /マッドハウス】にすべて帰属しますのでご注意ください。














コミケC94告知

「PFIきかく處」C94土曜:東1G-26a で参加します。
委託はClockhill Transitさんで:日曜東5ポ-11aです。
新刊は「プラスティックメモリーズ 舞台探訪 シンガポールの旅」です。既刊「海外イベントの魅力・高雄」も少量持参します。
C94-A4-よこ

あの美しい近未来都市のモデル、シンガポールの聖地をオールカラー本で紹介します。シンガポールへ行く予定が無くても、写真の豊富なオールカラー本なので十分楽しめます。

あとは海外でも怖くない、聖地へのアクセス、MRT(地下鉄)の使い方徹底ガイド。
Openstreetmapでの聖地紹介。また聖地のGooglemapへのQRコード付き。
さらにはオーチャードやマリナベイサンズはちょっとした見どころも紹介しています。
そして海外でのスマホ利用法、SIMカードの購入に関しても解説しています。

↑このページのトップヘ