よりもい(宇宙よりも遠い場所)第六話で出てきたシンガポールの背景です。
主に2018年6月に回り、空港のカットだけは9月、フリーマントルの帰りに回収しました。

Yori SIN01-7166

空港のフライト掲示板。作中では到着時の筈なんですが、何故か到着ロビーではなく第二ターミナル出発ロビーの電光掲示板が出てきます。
この後4人は、ホテルにカバンを置きに「シンガポールの銀座」と言われるオーチャードに行きます。

MRT(日本でいう地下鉄)オーチャード駅を降りての風景。
Yori OR01-4915

ION Orchard mallの方を眺めての構図です。

Yori OR02-4969
駅から地上に出た彼女ら。

そしてあたりを見回して。
Yori OR03-4945

Yori OR04-4985

特徴的な円錐型の建物はWheelock Placeです。
Yori OR05-4927

ここからOrchard hotel Singaporeに向かいますが、
別記事⇒  で。

-------------------------------------------------------------------------------------------
パスポートを失ってから彼女らが空港で別日程のフライトチケットの予約で交渉する場面です。
Yori SIN02-7239

Yori SIN03-7192

第二ターミナル出発ロビーの様子(シンガポール航空)。作中では一番右端が青色(ビジネス)その他が緑色(エコノミー)カウンターなんですが、実際には一番右端が赤色(ファースト)その他が青色(ビジネス)になっていてエコノミーのカウンターが所定の場所にありません。
これはエコノミーが原則電子チェックイン(荷物預け入れカウンターは別の所にある筈ですが見当たりませんでした)になっている関係か、と推測されます。海外英語圏では日本よりもチェックインに際しても電子化が進んでいるところが多くみられます。

Yori SIN05-7221
角度的に合わせるのは困難でした。また天井も雰囲気は似ているものの色合いなどかなり違う様子です。

------------------------------------------------------------------------------------------
チケットの再取得等を済ませて、食事に出かけた四人。中華街(現地では「牛車水」と表記します)にあるマックスウエル フードセンターの様子です。
Yori SIN06-5222

Yori SIN07-5226

構造は似ていますが、作中とぴたりと一致するところはなかったです。
物価高のシンガポールの中でもここは比較的安く(品もそれなり)数百円の焼きそば(みたいなもの)でおなかもふくれました。市内各所にあるFood Republic(イオンモールにあるフードコートだけを切り出したような施設:庶民的な値段でエスニック料理を提供する)よりもやや安めでした。
あと2018.6現在ですが周りは建設工事の最中でかなり足元が悪く雨の時などはかなりぬかるむ(晴れているとホコリが多い)ので注意が必要です。
最寄駅はMRTのChinatown駅です。

------------------------------------------------------------------------------------------
シンガポール チャンギ空港。
シンガポールの東端にある空港、それがチャンギ空港で東南アジアトップクラスのハブ空港として大きな存在感があります。現在ターミナルは4まであります。
作中で出てきたシンガポール航空(日本との直行便はJAL,ANA、SIA3社のみですが色合いからしてSIA:シンガポール航空と考えるのが妥当)は第二ターミナル、第三ターミナルから発着しますが、本作の場合第二ターミナルの構造と類似性が高かったです。

JALは第一ターミナル、ANAは第二ターミナルから発着するので参考までに。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。作品の著作権(画像も含む)は【©2018 「宇宙よりも遠い場所」製作委員会 /マッドハウス】にすべて帰属しますのでご注意ください。